セックスオンザビーチ

焼けた浜辺のパラソルの下で、ピニャコラーダを飲むのが夢だよ

舌の付け根が痛い話

舌の付け根が痛い理由は吸引力の変わらないただ一つのなんとやらに強く吸われすぎたせいなのですが、まぁつまりそういうことです。

ゲームでいうといろんなことにチュートリアルがあると思うのですが、この度私の好きな人との間のそういうこともチュートリアルでした。

初めからすげーうまくいくことなんてないっすよ、それでも、それはそれでいいもんだと思います、そう、営み。特別な儀式ではなく、生き物の営みなので。うん、好きな人とする営みはいいです。

営みはさておき、数えきれないくらいキスをしたんですけど、好きな人の唇がふかふかで柔らかくて気持ちよくて、なーんにも考えずに唇を合わせるのがとても幸せです。欲情が先にないキスも、それはそれでいいもの。動物的な私たちです。

果たして我々はどこに向かうのか。考えてもわからんので、私は日々に流されるのです。そして行き着く先にあの人がいるなら、私はあの人と一緒にいたいのです。

 

そういえばきのう、好きな人と二人でパフェを食べたのだけど。めちゃくちゃ美味しかった。

あーんしたら照れながら食べてくれた。二人で食べるパフェは美味しい。ね。

 

ハッピー、でもちょっと急激に近づきすぎたから、少しだけ距離を調整した方がいいな。

 

はぁ、今年の前半は中々しんどい日々だったけど、後半は結構悪くなかったな。素敵な恋人もできたし。来年も良い年になりますように。

人間達者がなによりや。